いつもと同じじゃもったいない!?トレーニング効果を高め、筋肉に効く食事方法とは?

2017-6-06

あなたは、トレーニングした日とそうでない日で食事方法を変えていますか?変えてないあなたはもったいない。

トレーニング時食事を変えることで理想の体の獲得を早めることができるのです。

 

■運動前はバナナや野菜などカリウムの多い食べ物を摂取する。

運動をすると、筋肉が傷ついてしまいます。そのため、筋肉の減少を抑制するカリウムを多く含むバナナや野菜、果物を食べましょう。

 

■運動中にスポーツドリンクを摂取する。

運動中に水分を摂取すると体温の上昇が抑えられ、より多くのトレーニングを行うことができます。

また、汗が出ると水分とナトリウムが流れ出てしまうので、ナトリウムを含むスポーツドリンクを飲みましょう。

 

■運動後30分から1時間半以内にタンパク質を摂取する。

運動後は筋肉が傷ついた状態になります。その“傷”を修復し、筋肉をつくるためにはタンパク質が必要です。

30分から1時間半以内にタンパク質を摂取しないとせっかく鍛えた筋肉がエネルギーとして代謝されてしまいます。

タンパク質の多く含まれている食べ物は、鶏肉や鮭です。運動後すぐに食事をとることが難しい場合はプロテインを飲むことも効果的です。

 

このように、トレーニングをした際の食事に気を付けることで理想の身体の獲得を早めることができます。