【トレーニングフードプログラム】基本的な食事の考え方

2018-8-14

こんな悩みを抱えていませんか?

体づくりを始めたけど、何を食べたらいいかわからない

食事管理が続かない

思うような効果が出ない

無理な食事制限でリバウンドしてしまった

買い出しや調理に手間や時間をかけられない

 

体づくりは「運動×食事」の2つが重要です。

せっかくトレーニングを始めても食事が変わらなければ効果はなかなか出ません。

ここでは、トレーニングをしている人に最適な食事の基本的な考え方をご紹介します。

 

最も大事なのは「カロリー」

体づくりを行う上で、最も基本となる原理・原則はカロリー(エネルギー)のバランス

1日に消費するカロリーよりも食べたものから摂取するカロリーが少なければ痩せ、多ければ太ります。

まずは、自分の消費カロリー数を知り、摂取カロリー数を決めましょう。

 

マクロ栄養素

カロリーの次に大切な要素は「マクロ栄養素」です。

3大栄養素と呼ばれる「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の事です。

低カロリーでもマクロ栄養素のバランスがとれていない食事が続くと、筋肉が落ちて、痩せにくい体になったり

細いけど筋肉が少ない不健康な体になってしまいます。

 

この3大栄養素の中で、体づくりを行っている人が最も注目したい栄養素が「タンパク質」です。

筋肉はタンパク質でできており、タンパク質を含んだ食品が体に入ってから様々な栄養素を介して筋肉になります。

1日あたりのタンパク質の摂取量は体重×1~2gが理想的。

トレーニングをしている人であれば体重×2gのタンパク質摂取を目指しましょう。

 


マッスルデリの食事の特徴は「LEAN減量用」「MAINTAIN維持用」「GAIN増量用」と3つのサイズがあること。

食事管理で最も重要なカロリー量を自分の体型や目的に合わせて選ぶことができます。

3つのサイズの詳細はこちらから↓

 

マッスルデリの提供するプラン | 筋肉づくりを食でサポート

 

 

記事一覧へ