ジムだけどジムじゃない??南青山の一等地に出来た「ReXeR 南青山」は異次元空間だった

2018-10-24

大阪でラグジュアリーな空間と充実した設備で話題のジムReXeRが11月に初の東京出展をおこなう。

これまでのジムのイメージとは一線をかくす、「来るだけで意識が上がる3rdプレイスとしての場所」を名乗るジムとはどんな場所なのか、ご紹介します。

オープンは11月12日から、定員になり次第申し込み受付終了なので早めにチェックしてみてください。

■ReXerの魅力

・ジムだけでなく、カフェ、ワークスペース、メイクルーム、テラス、サウナ、タンニング、美容やホワイトニングができるスペースがあり、会員様の3rdプレイスを目指している

・トレーニングマシンへのこだわりはもちろん、インテリア、オブジェ、美容機器やシャンプーまで細部にわたるこだわり

・フィジーク競技で日本人初のIFBBプロとなった竹本直人さんなどフィットネス大会で輝かしい成績を残されたことがあるトレーナーが勢ぞろい

・プレミアムプラン、エグゼクティブプランがあり、ジム会員の中でも選ばれたエグゼクティブだけが利用できるスペースがある

・全館指紋認証、ALSOK対応で安心のセキュリティ

・24時間利用、フルレンタル可能なので忙しいビジネスマンにも最適

 

■フロア構成

1階:正面玄関は一見ジムなのわからないほど重厚感。1階はWi-Fi、電源完備のカフェ&ワークスペース。

デスクワークがはかどりそうなカウンター席とリラックスしてくつろげるソファ席。

日本一のバリスタが入れたコーヒーや、オリジナルのプロテインドリンクが楽しめます。(飲食不可)

タンニングマシンはこの階にあります。

地下1階:地下はロッカー、シャワー、メイクスペース。

レンタルウェアやシューズはカラーバリエーションがあり、気分に合わせて選べます。

暗証番号制のロッカー、こだわりのシャワールーム、女性のメイクルームには5種類以上のヘアアイロン、コテとこだわりの化粧品。

メイクだけのために訪れる人もいるだろうとのこと。

2階:マシンを中心とした黒が基調のフロア。マシンは有名な「ハンマー・ストレングス」と日本ではあまり見ることができない「アーセナル」を導入。どのマシンも厳選されたマシンなので全身、満足いくまで鍛えられるラインナップが揃っています。

個室スペースには「DENBA」という食品の鮮度を保持する空間静電波システムを導入。この技術を人間に転用しているのはReXeRが初めてで、ここに入れば細胞が若返ったり、疲れが取れたり実感できるそう。

3階:ゴールドを基調にしたフリーウェイトフロア。ダンベルやスミスマシン、ハンマーストレングスのプレートを使用したマシンがあるため、より本格的に筋トレをしたい人にはうれしい。正面だけではなく天井も鏡貼りになっているため、あらゆる角度でフォームを確認、改善して筋トレの効果を最大化するには最適な環境です。

 

4階:有酸素運動のためのフロア。天井が吹き抜けで開放感があり、奥にはテラスになっているので気持ちよく有酸素運動が出来そう。

 

■料金形態

入会金 事務手数料 月会費 限定数
GIRL PLUS 20,000円 5,000円 20,000円 100名
PREMIUM 30,000円 5,000円 35,000円 非公開
PREMIUM PERSONAL 30,000円 5,000円 55,000円 50名
Executive 60,000円 5,000円 65,000円 200名
Executive Personal 60,000円 5,000円 150,000円 20名

 

■Information

食事に関しては、食事の知識も豊富なトレーナーさんばかりなので、パーソナルトレーニングの際に相談できるそう。

様々な使い方ができ、行くだけで意識が上がる、ジムを超えたジムReXeR。

10月22日から限定で先行見学会を行っているので、是非チェックしてみてください。


■店舗情報

ReXeR

HP:https://rexer-tokyo.style/

住所:東京都港区南青山2-14-14

記事一覧へ