INFORMATION お知らせ

ユーザーインタビュー! 2カ月で4kgの増量に成功!アスリート経営者が実践する食事管理とは?

2019/01/29 コラム

マッスルデリってどんな人がどんな風に使ってるの?

効果はあるの?

そんな疑問に答えるべくマッスルデリを普段ご利用いただいているお客様にインタビューしました。

 


名前:遠藤 幸一郎さん

 

性別:男性

 

年齢:32歳

 

職業:IT企業役員

2009年 株式会社リクルートホールディングス入社

2010年 株式会社アプトを創業(代表取締役)

2017年 全株式を一部上場企業である株式会社アカツキに売却

2018年 株式会社アカツキライブエンターテインメントと合併( 執行役員就任)

 

実施競技:陸上(短距離)

 

競技実績:

2007年 関東学生陸上競技選手権 男子2部4×400m優勝

2008年 関東学生陸上競技選手権 男子2部4×400m優勝

2016年  全日本実業団陸上競技選手権 4×400mR 6位

2018年  全日本実業団対抗陸上競技選手権 4×400mR 8位

 

所属チーム:ユメオミライ株式会社陸上部

 

ステータス:独身、一人暮らし

 

活動エリア:東京都23区内


■陸上の競技実績と現在の活動状況について教えてください。

大学に入学後、陸上を始めました。

 

大学時代時は2007年と2008年に2年連続関東大会で優勝しました。

社会人になってからは2016年と2018年に全日本実業団陸上競技選手権の4×400mリレーで6位と8位になっています。

 

現在はユメオミライ株式会社の陸上部に所属して陸上を続けています。

週に5回練習をしており、週末は出身大学の立教大学の陸上部でも練習をしています。

 

■アスリートでありながら会社役員としても働かれているのですよね?

 

新卒でリクルートに入社して1年後に起業しました。

その後、7年半経営してきた会社の事業を更に成長させるべく、2017年に一部上場企業である株式会社アカツキに全株式を売却し、2018年にアカツキライブエンターテインメントと経営統合したのでそちらで執行役員をやっております。

 

■陸上と仕事で忙しい中、以前はどうように食事管理をしていましたか?

 

自分で自炊をしたりもしますが週に5回練習していて仕事もあるため時間がない時はコンビニでサラダチキンと卵を買って食べていましたがサラダチキンは1週間くらい食べていたら嫌になってしまいました。。。

 

■マッスルデリを利用し始めたきっかけを教えてください。

 

競技で現状よりも更にレベルアップしたいと考えたときにパワーのあるカラダを作る必要があり、年齢的にも30代になって以前のようには体重のコントロールが出来なくなっていたので食事管理を充実させないといけないと思いました。

 

そのため以前から知っていて食事管理を継続するためにもメニューが豊富にあるマッスルデリを試すことにしました。

 

■マッスルデリをどのように利用していますか?

仕事帰りの夜に食べたり、午前中にトレーニングすることもあるのでトレーニング後のお昼に食べています。

 

メニューを考えることも調理することも、洗い物もすべてしなくていいので手間をかけずにからだづくりに必要な食事が手軽にすぐ食べられるのでとても便利です!

 

■マッスルデリを食べてカラダの変化はありましたか?

 

競技のレベルアップのために筋肉増加を目的に食べていますが2カ月で4kg程度増やすことが出来ました。

もともと体重が増えにくい体質ではあったのですがトレーニングの負荷を上げるとともに豊富な栄養を摂取することで脂肪は増やさずに、体重を増やすことが出来ました。

 

■これからの目標を教えてください。

 

筋肉を増やしてかつ脂肪を減らして速く走ることが出来るベストなカラダでシーズンを迎えて全日本に出場してよい結果を残すことです!

 


 

遠藤さんは経営者としてもお忙しい方ですがスポーツでもまだまだ上を目指して陸上を続けているそうです!

常に目指すものがあって毎日充実している人生が良いとおっしゃっていました。

 

向上心が高く、仕事やスポーツが出来る方は食事管理にも力を入れていて、必要な栄養をしっかりと摂取しているからこそ、高いパフォーマンスが出せているんだと感じました。

 

ユメオミライ株式会社:http://www.athletics.co.jp/yumeomirai/

株式会社アカツキライブエンターテイメント:https://ale.tokyo/

 

遠藤さんがご注文の商品はこちら

https://muscledeli.co.jp/wpnew/plan/gain